我が家の車はトヨタのヴォクシー

2015.06.15

我が家の車はトヨタのヴォクシー はコメントを受け付けていません。

我が家の車はトヨタのヴォクシーです。2007年に買いました。当時私は、8人乗りなんて大きすぎる、もっと小さい車にしようよと主張したものです。が、母が「家族がみんな乗れるように」とどうしてもこの車を買うのだと言い張りました。結局はそれが大正解でした。妹に子供が生まれると小さな車では家族全員が乗ることができません。ゆったりした8人乗りのヴォクシーならチャイルドシートも楽々乗せることができましたから。

我が家のヴォクシーには普通の車とは違うところがあります。福祉車両なのです。妹は体に障害があり、車椅子をつかっています。なので購入する時にウェルキャブという福祉車両タイプのものを選びました。助手席の座席がウィーンと外にでてくるリフトアップシートと呼ばれるものです。このおかげで体の不自由な妹も楽に乗り降りすることができます。それから、後部座席のところにリフトも設置しました。車椅子がそのまま乗り込めるリフトです。リフトを使わないときには座席をおろして普通に座ることもできます。

つまり我が家のヴォクシーには、助手席のリフトアップシートに一人、後部座席のリフトに一人、合計2人分も障害者用の席があるのです。一般的に乗用車の福祉車両といえばどちらか片方だけです。座席にうつることも、車椅子のまま乗り込むことも、両方に対応している車はなかなかありません。2年前に母も脳卒中を起こし車椅子を使うようになったため、この車にしておいて本当に良かったと思っています。これからどんどん高齢化社会になっていくので、こういった車椅子に対応した車両はさらに必要とされていくでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー